タイハーブ研究所

タイハーブ研究所

タイハーブに関する情報の提供と普及のための研究所

タイの人々は古くからハーブを日常的に使ってきました。
ちょっとした身体の不調の時、健康の促進や美容の為、日本でもよく知られているタイ料理の中にもタイハーブはふんだんに使われています。
タイの人々にとって日々の暮らしにタイハーブは欠かせないもので、タイハーブを使用した製品はスーパーやドラッグストアでも多く置いてありますし、新鮮なタイハーブも市場やスーパーなどで簡単に手に入ります。
タイの人々はこのタイハーブの知識を子供の頃から生活の中で学び、それを自然に生活に取り入れているのです。
最近では世界の様々な機関がタイハーブを研究し、古くから伝えられてきた効能が科学的に認められたり、新たな効能が見つかったりしています。
日本でもタイハーブに関する情報の提供と普及を目的にタイハーブ研究室を立ち上げました。多くの方がタイハーブの魅力とすばらしさにふれて頂けたら幸いです。
タイハーブの百科事典「タイハーブディクショナリー」はこちら
Read More
タイハーブ購入はこちら
Read More

研究室の主な活動内容

  • タイの伝統医療の中でのタイハーブの使われ方の研究
  • タイで民間に伝わるタイハーブの情報収集
  • タイハーブの植生研究
  • タイハーブ療法の各種講習会(セミナー、ワークショップ、勉強会、ツアー等)の開催
  • ホームページやメールマガジンなどを通じて広く情報を提供する情報提供
  • 国内外の関連団体との交流
  • その他、この研究室の目的を達成するための活動
タイハーブ研究所

メンバー

石垣 桃子
臨タイハーブ研究所長 石垣 桃子
タイハーブとタイマッサージのお店、Green Island(グリーンアイランド)店主。

幼少の頃より、山の植物が好きな祖父、フローリストの伯母、ベランダガーデニングと植物を愛する母の影響を受け、気がつけば自らのサロンもタイハーブと様々な植物に囲まれた空間に。

15年前にタイマッサージの勉強を始めた頃、ハーブボールと出会いとりこになったのがきっかけで、タイハーブを学び始めました。

タイ伝統医療と古くから土地に伝わるタイハーブの使い方をタイのチェンマイのワンディ先生に学び、ワンディ先生についてチェンマイの山に入り、植物に触れ、その使い方を学んできました。今ではワンディ先生はチェンマイの母の様な存在です。
さらに、バンコクの兄と慕わせてもらっているタイハーバルマッサージスクールの磯野先生と出会い、洗練されたハーブボールのテクニックを習得しました。

タイで古くから伝わる様々なハーブや技術の本質を理解し、それを細やかなサロンワークで日本のお客様にも心地よいお時間をお過ごし頂ける様に整えて取り入れると、多くの方に喜んで頂ける事が分かりました。

タイのハーブボールやマッサージがお好きな方はもちろん、タイで受けたけどあまり良い印象を受けなかった方でも、ちゃんといつくかのポイントをおさえれて施術すれば、気に入って下さる施術になるのです。

四季の移り変わりを感じる日本人ならではの感性を大切に、タイハーブの良さやハーブボールの心地よさをお伝えする授業を心がけています。

イベント・タイ研修

~今、注目のタイハーブをディープに学ぶ! ~
タイハーブを満喫する臨タイ視察研修のご案内です。
すべてのコースに「通訳」「サポート」付きはもちろんですが、
今年もタイハーブ講師の石垣桃子先生が同行し、その場で「タイハーブの解説」をしてくださいます!
個人では体験できない、臨タイならでは、のプログラムに是非ご参加下さいませ。
「タイハーブエキスポ2018視察研修」 2018年7月20日(金)

【詳細】
◆「タイハーブエキスポ視察」

年に一度のタイハーブエキスポは、タイ国内最大規模の展示会。
今年は担当セクションの100周年!広い会場で大規模に開催されるようです。
タイ各地域から伝統的なマッサージ(トークセン、ヤムカームなど)や生ハーブ、人気のハーブ商品が一斉に集合します。
タイハーブに興味があるならこの展示会は逃せません。
英語もなかなか通じない展示会には必須の「通訳」と臨タイ講師による「サポート」付きです!

エキスポ エキスポ2 エキスポ3
研修名 タイハーブエキスポ2018視察
日程 2018年7月21日(土)
内容(予定) ・石垣先生の解説と日本人通訳によるグループ見学
・フリータイムには買い物、マッサージ体験
・「通訳一人占めタイム」もあり!
・会場内にてタイハーブを使ったランチ等の食事もできます
参加費 20,000円

[参加費に含まれる代金]
・通訳・アテンド料

[参加費に含まれない代金]
・現地での宿泊費・交通費・食事代

※タイバーツが大幅に高騰した場合、参加費が追加になる場合もありますのでご了承ください。
サポート ◆石垣桃子◆
タイハーブ研究所(臨タイのタイハーブ部門)所長。
臨タイのタイハーブ講座の講師を務める。
『ハーブボールに恋したことがきっかけで育て始めたタイハーブ栽培も今年で10年以上になりました。
タイハーブや薬草の世界は奥が深く、知れば知るほど面白さも増してます。
タイハーブとタイマッサージのサロンGreen Island<グリーンアイランド>の活動では異文化交流をテーマに、丹田気功×ハーブボール、タイハーブの温かハーブカイロ作り×タイハーブアフタヌーンティー会、手作り石けん×野生のお茶会など様々なイベントも開催しています。
毎年、タイハーブのフィールドワークでタイに行くのが楽しみです。』

◆倉西 直美◆
臨タイ事務局
募集人数 12名
最少催行人数 1名
主催 一般社団法人臨床タイ医学研究会
参考 ♪ 過去のレポートは・・・こちら



【申込み】
  • 参加条件:どなたでもご参加いただけます。(入会資格のある方はご入会ください。)
  • 全コース、現地集合・現地解散となります。タイへの往復便・タイ国内便・宿泊ホテルはご自身にてお手配ください。(ご希望の方にはスタッフの利用する便・ホテル等をご案内いたします。)
  • 申込締切:2018年6月30日(土)(第一次)
  • 問合せ先:臨床タイ医学研究会事務局:倉西  info@rinsho-thai.jp   080-4651-3599
  • 申込み :以下のフォームよりお申込みください。追って、詳細案内と本申込書をお送りいたします。
タイハーブエキスポ2018 お申込み
タイ視察研修「タイハーブ三昧2017」 【全3コース】
①バンコクAコース:「サムンプライ博物館見学+コランスパ(ソムチャイ先生の生ハーブボールWS)+ハーブフォトWS」
2017年9月1日(金) 20,000円
②バンコクBコース:「タイハーブエキスポ2017視察」
2017年9月2日(土) 20,000円
③ハンドンコース:「タイ伝統医師『モータイ』から学ぶ暮らしのタイハーブ」
2017年9月2日(土)~3日(日) 22,000円

♪複数コースご参加の場合、割引があります! 
①+② =40,000円 →39,000円 
①+②+③=62,000円 →60,000円 

♪参加者には特典として、石垣桃子先生による『スペシャル動画』の無料視聴が決まりました! 
「タイの耳寄り情報」や「石垣先生によるタイハーブ製品ベスト10」など、出発前に役立つ情報をお届けします
(8月下旬配信予定)


◆①バンコク Aコース:「サムンプライ博物館見学+コランスパ(ソムチャイ先生の生ハーブボールWS)+ハーブフォトWS」

ハーブと聞いてイメージする物には、ラベンダーやローズマリーなど西洋のハーブがありますが、西洋ハーブとタイハーブ(「サムンプライ」といいます)はちょっと違います。 西洋ハーブとしては、美容や健康、そしてお掃除など、暮らしに役立つ植物を使いますが、タイでは健康の促進と維持に役に立つ自然界に存在するものすべての物を使います。 レモングラス、ジンジャー、ターメリックなど親しみのあるものから、塩やラピスラズリ、カブトガニの甲羅、鹿の角などちょっとびっくりするものまでサムンプライです。 植物、鉱物、動物、まさに自然界に存在するもの全部です。ちょっと漢方の世界に近いものを感じます。 タイのサムンプライの世界が堪能できる、サムンプライ博物館を見学します。 ★当日は、チュラロンコン大学の教授もお越しいただける予定になりました! そして午後は、有名一軒家スパ「コラン・ブティックスパ」で「ソムチャイ先生の生ハーブボール・ワークショップ」に参加していただきます。 またこの日は、プロカメラマンによる「タイハーブや植物の撮り方・フォトワークショップ」も!! 盛りだくさんな1日です。
博物館

教授

博物館2

ball
研修名 サムンプライ博物館見学+コランスパ(ソムチャイ先生の生ハーブボールWS)+ハーブフォトWS
日程 2017年9月1日(金)
内容(予定) ・石垣先生の解説による「サムンプライ博物館」見学 ・コランスパでランチ ・コラン・セラピストスクールのソムチャイ先生による「生ハーブボールWS」 ・プロカメラマンによる「タイハーブや植物の撮り方・フォトワークショップ」
参加費 20,000円 [参加費に含まれる代金] ・通訳・アテンド料 ・コランスパでのワークショップ・ランチ代 ・フォトWS代 [参加費に含まれない代金] ・現地での宿泊費・交通費 ※タイバーツが大幅に高騰した場合、参加費が追加になる場合もありますのでご了承ください。
講師 【ワークショップ・講師】
Somchai150×150
◆ソムチャイ先生◆Somchai Pealaong (ソムチャイ ペラオン) コランセラピストスクール 常勤教諭 / 通常コースタイマッサージ&フット担当 http://school-thaimassage.com/ 1992~2004 NGO 健康増進部 タイ式マッサージ復興プロジェクトに勤務 1997~2004 タイ式マッサージ、サムンプライを、タイ国タイ方医及びアユルベーダ医薬協会や『元ワットサンプラヤー古医術学校』バンコク都 庁学校にて講師を務める。 2004 タイ式マッサージ専門学校の就任 2007 コランセラピストスクール 常勤教諭に就任
tokoさん3
◆川床 和代◆ バンコク在住フォトグラファー 国内外の広告や女性誌、旅行ウェブサイト、映像など幅広い分野で活躍中。 好きなハーブティーは甘いアイスローゼルティー。 https://www.tokokawatoko.com
募集人数 12名
最少催行人数 6名
主催 一般社団法人臨床タイ医学研究会
参考 ♪ 過去のレポートは・・・こちら
◆②バンコク Bコース:「タイハーブエキスポ2017」

年に一度のタイハーブエキスポは、タイ国内最大規模の展示会。
タイ各地域から伝統的なマッサージ(トークセン、ヤムカームなど)や生ハーブ、人気のハーブ商品が一斉に集合します。
タイハーブに興味があるならこの展示会は逃せません。
英語もなかなか通じない展示会には必須の「通訳」と臨タイ講師&理事による「サポート」付きです!

エキスポ

エキスポ2
研修名 タイハーブエキスポ2017視察
日程 2017年9月2日(土)
内容(予定) ・石垣先生の解説と日本人通訳によるグループ見学
・フリータイムには買い物、マッサージ体験
「通訳一人占めタイム」もあり!
・会場内にてタイハーブを使ったランチ等の食事もできます
参加費 20,000円

[参加費に含まれる代金]
・通訳・アテンド料

[参加費に含まれない代金]
・現地での宿泊費・交通費・食事代

※タイバーツが大幅に高騰した場合、参加費が追加になる場合もありますのでご了承ください。
サポート ◆石垣桃子◆
タイハーブ研究所(臨タイのタイハーブ部門)所長。
臨タイのタイハーブ講座の講師を務める。
『ハーブボールに恋したことがきっかけで育て始めたタイハーブ栽培も今年で10年以上になりました。
タイハーブや薬草の世界は奥が深く、知れば知るほど面白さも増してます。
タイハーブとタイマッサージのサロンGreen Island<グリーンアイランド>の活動では異文化交流をテーマに、丹田気功×ハーブボール、タイハーブの温かハーブカイロ作り×タイハーブアフタヌーンティー会、手作り石けん×野生のお茶会など様々なイベントも開催しています。
毎年、タイハーブのフィールドワークでタイに行くのが楽しみです。』

◆石田ミユキ◆
臨タイ代表。
タイ流セルフケアOM NAMO(オナモ)、ITM渋谷ヌアライフスクール主宰。

◆岩本隆志◆
臨タイ理事。
リラクゼーションサロン&スクール「Chatan Resort Spa Rakang」主宰。
募集人数 12名
最少催行人数 6名
主催 一般社団法人臨床タイ医学研究会
参考 ♪ 過去のレポートは・・・こちら
(今回は「ハーブエキスポを楽しむための1DAY講座」はありません)
◆③ハンドンコース:「タイ伝統医師『モータイ』から学ぶ暮らしのタイハーブ」

代々ランナー式の伝統を守るモータイ(タイ伝統医師)の一家にホームステイさせていただきます。
ヤムカーンやトークセンで有名なランナー式の暮らしぶりは、タイハーブが日常にあります。
スクールで学ぶタイハーブの知識とは一味違う、日常でのタイハーブの使い方を、生活に溶け込んで体験できる貴重な機会です。
ハンドン
研修名 タイ伝統医師『モータイ』から学ぶ暮らしのタイハーブ
日程 2017年9月2日(土)、9月3日(日)
概要(予定) 9/2
(バンコク18:40分発-チェンマイ20時着-ハンドン21時過ぎ着)
モータイのお家にホームステイ
9/3 お庭散策&モータイのレクチャー
摘み立てハーブジュース&ユーファイ茶作り
マッサージ
モータイによる「タイ医学とハーブ」講座
修了式(ランナー式儀式の体験)
16:00ごろ終了予定
参加費 22,000円

[参加費に含まれる代金]
・3日講座受講料
・3日マッサージ料金
・3日朝食・昼食代
・ホームステイ1泊分の謝礼

[参加費に含まれない代金]
・現地での交通費(合計200B前後実費)
・2日夕食代(100B前後実費)
※タイバーツが大幅に高騰した場合、参加費が追加になる場合もありますのでご了承ください。
講師 ブンチュー先生(タイ方医師)
募集人数 12名
最少催行人数 6名
企画 一般社団法人臨床タイ医学研究会
お問い合わせ・お申込み

お気軽にご相談ください

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-21-12 第一小川ビル
080-4651-3599(倉西)
info@rinsho-thai.jp
お問い合わせ・お申込み