タイ医学について

タイ医学について

介護予防になるタイマッサージ。「全身をストレッチする」というタイマッサージの特徴は、ADL(日常生活動作)の維持、しいてはQOL(生活 の質)の向上に役立つツールの一つとなります。

タイ伝統医学、古式(伝統)マッサージの歴史

タイ伝統医学について、「現代養生法(2016)」著:永田晟 では次のように記載されています。
二千年以上前から伝統医学が存在し、四つの分野が見られます。
① 薬草
② 栄養
③ 霊的な祈りの実践
④ 手で触れるマッサージ
(中略)
 タイ伝統医学は仏教と同じぐらいの権威を持っています。
 約二千5百年前にインド仏教僧の筆頭医師で、釈尊の侍医であったジーヴァカ・クマール・ヴァッカ(Jiivaka Kumar Bhaccha)を創始者とします。インド医学の知識が仏教に載って普及したのはチベットと同じです。ワット(Wat)と呼ばれる寺院が、あらゆる疾患の治療の場でした。
 医学記録(カルテ)は仏典と同様に最重要書物であり、旧王朝のアユタヤ寺院に保存されていました。しかし(中略)、ほとんどが失われました(十三世紀頃)。一部が王立寺院(バンコック)のワット・ポー(Wat Pho)の僧たちによって石に刻み込まれました。六十個の石碑がみられ、王室と仏教界の努力が偲ばれます。
 タイ伝統医学には、地、水、火、風の四要素が組み込まれ、健康とは、四要素のそれぞれの活力と相互バランスと考えられています。また三要素(ドーシャ)の乱れを万病の源としています。

引用:「現代養生法(2016)」著:永田晟 p31-32より
ただし、近年でタイ医学の区分は変わっており、現在のタイ政府保健省内の伝統博物館では、
①ハーブ療法
②栄養療法
③ルーシーダットン
④タイマッサージ
この4つの項目を主たる伝療法としています。
タイ医学について

タイマッサージの特徴

タイマッサージの特徴をいくつか挙げます。
・タイ王国の文化の中で培われたものである。
・衣類を着用して行う。(綿素材のゆったりした長袖長ズボンが基本である)
・心身のリラックスを誘発しやすい静かな環境で行う。
・施術する側と受ける側の二人で行う。
・ゆったりとした深い呼吸を大切にする。
・ゆっくりとした一定のリズムを大切にする。
・全身にストレッチングを行うテクニックが、200以上ある。
・手掌や母指だけでなく足や膝、腕や肘なども用い全身を使うテクニックが数多くある。
・一般的に、2,500年の歴史がある。
・一般的に、仏教文化の中で発展したものである。そのため、施術者となるものは、人として成長することや、徳を積む生き方を行うことが善いとされる。
・’セン‘と呼ばれる「エネルギーライン」というものを刺激するとされる。
タイ医学について

臨床タイ式セラピストにおいての、【タイ式セラピーの効果】

タイ医学について
タイ医学について
過去の検証データです。
このデータは、2003年~2006年に、行ったリサーチの集計結果です。無作為に抽出した述べ69名の被験者に、施術前後に関する心身の自覚症状の変化を測った。計39の因子において、満遍なく変化が現れた特徴を持つ結果でした。これが脳にどのような刺激となっているのか、興味深いところです。
タイ医学について
次に、このデータは、2012年に、傾聴講座の中で行った、タイマッサージのペアワークの統計グラフです。容易にできる短いテクニックを参加者同士行い、施術前後の心境の変化を数値化した。その結果、すべての項目に心境の変化がありました。更に、「握手するだけ」よりも、テクニックを用いた触れ合い方に、より大きな変化がありました。施術を「受ける側」「行う側」共、身心のリラックス度や安心感、幸福感の度合い、といった他、話しやすさ、というコミュニケーションにおける因子も高まることがわかりました。

これらの結果から、タイマッサージには、触れ合い、全身運動、深い呼吸(腹式呼吸)、ストレッチングなど、いくつかの要素が合わさった効果があると考えられます。特に、他動的なストレッチングと、深い呼吸によるダブル効果は大きいです。また、傾聴の講義と共に行った「傾聴×タイ式セラピー講座H24調査」のデータからは、「受ける側」と「行う側」の相互に認知の変容が起こりやすいことがわかります。「傾聴講座」は、福祉を目的とした内容であり、仏教的な「善き人」を目指す意識を持ちやすい環境にありました。加えて、講義中にタイ人の気質(物事に対するゆるやかな受け止め方)についての解説も行っていました。このことも、少なからず結果に影響しているでしょう。タイマッサージはストレスマネジメントにも有効であること、ということが伺えます。

〇臨床タイ式セラピーで期待できる効果

・触れ合い効果(オキシトシンの分泌促進、ストレス反応の軽減など)
・全身運動の効果(血行促進、神経刺激など)
・腹式呼吸の効果(有酸素運動、リラックスなど)
・ストレッチング効果(次節で参照)
・ストレスマネジメント効果(認知の変容)

タイ医学 介護予防としての、これからの可能性

身体の柔軟性を高めること、筋肉の伸張反射の誘発、体内の血液循環の促進を図ること、β-エンドロフィンの分泌促進など、ストレッチに対する一般的な目的は多種多様です。ここに加え、全身に働きかけるとう特徴あるタイマッサージのストレッチ・テクニックは、身体の動きを滑らかにし、ADLを助けることに有効であると言えます。

〇一般的なストレッチの効果
1) 外傷・障害予防として(スポーツに)
2) こりや痛みなどの軽減と予防効果(パソコン仕事に)
〇タイマッサージ・ストレッチの今後の可能性
3) 動きや動作を滑らかにする(転倒予防に)
4) 日常生活の基本動作(ADL)の維持向上(介護予防に)

現在は、タイマッサージに関する研究が中心ですが、今後、ハーブ療法やルーシーダットン、トークセンなど、タイ伝統医学に関わる効果の検証も行っていく予定です。
タイ医学について
お問い合わせ・お申込み

お気軽にご相談ください

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-21-12 第一小川ビル
080-4651-3599(倉西)
info@rinsho-thai.jp
お問い合わせ・お申込み