■「剽窃」防止のお願い■

■「剽窃」防止のお願い■

最近、著書『タイマサージ・ストレッチ200(BAB出版)』の剽窃に関する問題が目立っております。

YouTubeやその他のSNS、DVD販売、講座での引用など、本研究とは関係のないところでの個人における利益利用のことです。

引用元を表記せず、このような使い方をされる場合、学術研究の世界では「剽窃=他人の作品や論文を盗んで、自分のものとして発表すること」となり、モラル違反としてかなり厳しく罰せられます。

この著書をまとめあげるために、かかわったタイマッサージの講師たちは4年の月日を使いました。
ネーミングを工夫し、技の一つ一つについて、作用する筋肉を検証し、経験値による効果効能を出し合い、なんとか形にした大切なものです。

そういった手間暇をかけて、『タイマッサージ・ストレッチ200』の作業を完遂した理由は、ほかでもない、タイマッサージに興味をもって、何かしらの形でこれを学んでみようとする人、

あるいは、今、これを仕事としてやっていく人達が、

「なんのための技なのか」

といった理由で、つまずかないでほしい、という願いからです。

このプロジェクトにかかわった人たちには、前に進んでいけるように少しでも役立ってもらいたい、という応援の気持ちが先にあります。

ですので、この内容をただの情報として扱い、YouTubeのコンテンツの一つとして、個人の利益のために利用するといったスタンスは、とても残念なことです。

本研究会では、著書の内容について、講座をご用意しており、この内容を指導するためのインストラクターの養成も行っていますので、ご自身の活動に著書の内容を活用されたい場合は、講座を受講頂ければ幸いです。

なにとぞ、ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人臨床タイ医学研究会
代表 石田ミユキ


Next Post Previous Post